京都市中京区地下鉄丸太町駅すぐ!! 6番出口から徒歩2分 御所南しげおかデンタルオフィス > むし歯治療

京都市中京区烏丸通二条上る
蒔絵屋町258コープ御所南ビル2F

お電話での予約・ご相談は 075-746-4617
ご挨拶

むし歯治療

歯が痛い・しみる

歯がしみる原因はむし歯知覚過敏、この2つの原因が多いです。

なるべく神経を抜かない・削り過ぎない治療を第一選択に推奨しています

一生涯ご自身の歯で過ごしていただきたいという思いから、当院ではなるべく神経を抜かない・削り過ぎない治療を行っています。
歯が痛い・しみる等の違和感を感じたときは、まずむし歯を疑いましょう。
むし歯治療は、早期発見が大切です。
「また大丈夫」と思っていると、神経を抜かなければならなかったり、歯を失うことになってしまいます。

C0~C1
(初期う蝕)
痛みはない。 エナメル質のみに限局するむし歯。小さな穴や茶・黒ずみをみとめる。
高濃度フッ素塗布白い樹脂を詰める治療の適応になります。
C2
(中等度う蝕)
冷水痛・甘未痛など感じることが多い。 象牙質に及ぶむし歯。インレーや白い樹脂を詰めるなどの治療の適応になります。
神経ギリギリの深いむし歯で、無症状の場合には神経保護治療の可能性があります。
C3
(中等度~
重度う蝕)
冷水痛・甘未痛以外に、温痛・咬合痛・自発痛などの神経症状を感じることが多い。 歯髄(神経)に及ぶむし歯。神経をとる治療(根管治療)の適応になります。根管治療について詳しく知りたい方はこちら
C4
(重度う蝕)
神経症状は既に感じない。歯茎の根元に吹き出物のような晴れを認める場合がある。
症状が急性化すると、激しい痛みを生じる。
歯の頭がほとんどなくなり、根だけが残っているむし歯。
抜歯治療や保存治療では根管治療+歯周外科治療の適応になります。

神経保護治療(歯の神経を残す治療)

深いむし歯で、治療前に「もしかしたら神経をとることになるかもしれません」などと説明を受けたことがあるでしょうか?
深いむし歯でも、もし今まで痛みの経験がなく、冷たいものや熱いもので染みることがあっても一瞬でおさまる場合、高い確率で神経を残す事ができるかもしれません。

『動画で見る』神経保護治療

  • 治療例
  • むし歯治療について
  • 歯周病治療について
  • マイクロスコープ精密根管治療について
  • インプラント治療について
  • 審美歯科治療について
  • セカンド・オピニオン外来について
  • web受付

予約・ご相談はこちら

TEL. 075-746-4617
診療時間
火曜・水曜
11:30~15:00
16:00~20:00
木曜・金曜・土曜
9:30~13:00
14:00~18:00
休診日
日曜・月曜・祝日

特設

根管治療についての
セカンドオピニオン外来

(マイクロスコープ根管治療のご相談)

  • カウンセリングのみ
    (現在の状態がわかるレントゲンやCTデータをご持参される場合)
    5,000円(30分)
  • 精密検査(CTなど)+診断
    +カウンセリング
    15,000円(60分)

※価格は全て税抜き表記

『根管治療を続けているが改善しない、抜歯が必要と言われた、根管内破折器具がある』などのお困りの症状を的確に審査し、保存治療の可能性や治療方針について、医学的根拠に基づき分かりやすくご提案させていただきます。