京都市中京区地下鉄丸太町駅すぐ!! 6番出口から徒歩2分 御所南しげおかデンタルオフィス > インプラント治療

京都市中京区烏丸通二条上る
蒔絵屋町258コープ御所南ビル2F

お電話での予約・ご相談は 075-746-4617
ご挨拶

インプラント治療

バイオメット『長期感安定の確実なインプラント治療』
豊富な知識と最新設備を整備
精密な検査とメンテナンスシステム

デンタルインプラントとは

医療目的として体に埋め込む器具のことを総称してインプラントとよびます。インプラントは体の骨にひびが入ったり、骨折をした際に骨を支えるために使用するボルトなどがあります。インプラントとよばれるものの中で、失った歯を治療するために歯根の代わりに顎の骨に埋め込むチタン製の歯根のことを『デンタルインプラント』とよんでいます。一般的に省略してインプラントとよばれることがほとんどです。人工歯根、口腔インプラント、歯科インプラントなどとよぶこともあります。

デンタルインプラントの特徴

デンタルインプラントは、歯を失った部分の顎の骨にドリルで穴を開け、歯根の代わりとなる、チタン製のインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を取りつける治療です。
ブリッジや部分入れ歯に比べ、外科手術を伴うものですが、他の歯へ負担をかけることなく治療ができます。

デンタルインプラントの特徴

インプラントとその他の治療方法の比較

インプラント

インプラント治療前 インプラント治療後
利点
  • 硬い物もよく咬める
  • 他の歯に負担をかけない
  • 天然の歯と同様の見た目に近づけることができる
  • しっかり固定されるので、歯を失った部分の顎の骨が痩せにくい
  • 異物感や違和感がほとんどない
  • 口の中で動きやすい入れ歯と比べて、発音に支障がでることが少ない
欠点
  • 外科手術を伴う
  • 他の治療と比べ、治療期間が長い
  • 保険が適用されないため費用の負担が大きい
  • 重度の内科疾患や心臓病、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症を抱えている方は治療が難しい

ブリッジ

ブリッジ
利点
  • 硬いものもよく咬める
  • 比較的早く簡単に治療ができる
  • しっかり固定されているので異物感、違和感が少ない
  • 保険適応のものもある
欠点
  • 両隣の歯に負担がかかる(隣の歯がしっかりしていないと、負担がかかりすぎる)
  • 隣の歯を大きく削る必要がある
  • 食べカスが詰まることがあり、清掃がやや難しい
  • 削った歯が虫歯や歯周病になる

入れ歯

入れ歯
利点
  • 早く簡単に治療ができる
  • 隣の歯を大きく削らずに済む
  • 保険適応のものもある
欠点
  • 金具をかける歯に負担がかかる
  • 硬い物がしっかり咬めない
  • 外れることがある
  • 見た目があまりよくない
  • 違和感があり、発音が難しい
  • 顎の骨が痩せていく
  • 手入れが面倒

デンタルインプラントの治療の一般的治療手順

デジタルインプラントの治療の一般的治療手順

1 検査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により治療法には様々な選択肢があります。担当医がお口の中を実際に診るのはもちろん、レントゲンやCTを用いて多側面から治療方針を決めていきます。

2 一次手術

歯茎を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。骨を削るというと怖いイメージですが、麻酔を使用しますのでほとんど痛みを感じることはありません。骨の量・硬さが十分あり、歯肉も十分にある場合には、埋入手術時に仮の土台まで装着する1回法を選択する場合もあります。

3 治癒期間

インプラントに使用されているチタンは、骨と結合する性質を持っています。上顎と下顎の骨の緻密度の違いにより、治癒期間に差があります。骨密度が高く、硬い下顎では2~4ヶ月、柔らかい上顎は一般に3~4ヶ月待ちます。

4 二次手術

骨とインプラントが結合して安定した後にインプラント体の頭の部分を露出し、そこに人工の歯との連結部分(アバットメント) を装着する処置を二次手術といいます。この状態で歯ぐきが治るまで、通常約1週間から6週間おきます。

5 人工の歯を製作・装着

歯茎が治った時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。色や形は人それぞれ違いますので、各々に合わせて製作してインプラントに取り付けます。

歯を抜いてから行なうインプラント治療

歯を抜いてインプラント治療をする場合

歯を抜くと自然にその周囲の歯槽骨は吸収してきます。
特に唇や頬側(外側)からの骨吸収量は大きく半年で半分くらいになってしまうこともあります。
元々厚みのない骨は骨膜と歯根膜で挟まれ豊富な血流で維持されていますが、抜歯することで血流量が半分になりその形を維持できなくなるというわけです。
そこで抜歯時に、骨造成の意味も含めた歯槽堤維持を行うことを歯槽堤保存術と呼びます。
インプラント埋入時、更に追加骨補填を行わなければならない場合もありますが、その難易度や成功率は歯槽堤保存術を行った時のほうがはるかに高くなります。
また、インプラントの治療目的だけではなく、ブリッジのポンティック部分(欠損部)の歯槽骨形態の維持などにも有効になります。

骨の幅や高さが足りない場合のインプラント治療のいろいろ

骨量がやや不足している場合のインプラント治療 骨量が大きく不足している場合のインプラント治療 上の奥歯に少し骨の高さが不足している場合 上の奥歯に大きく骨の高さが不足している場合

インプラント体は、完全に骨内に埋める必要があります。
骨量が少ない場合は骨からインプラントがはみ出してしまうため、骨移植などによる骨増大術を併用する必要がある事があります。
その代表として、歯槽骨増大術上顎洞底挙上術(ソケットリフト法・サイナスリフト法)があります。

治療例

(1) 歯槽骨増大術を併用したインプラント治療

左下奥歯2本が欠損、1次手術前の状態、CTの術前シュミレーション 1次手術(埋入手術)、歯槽骨増大術(骨のボリュームを増やす手術) 2次手術(骨と結合したインプラントに仮の土台を装着する手術)、治癒期間 土台(アバットメント)と最終的なかぶせ(クラウン)を装着

(2) 抜歯時に歯槽堤保存術を行い、インプラント治療を行なう場合

抜歯、歯槽堤保存術 (人工骨移植) CTの術前シュミレーション、1次手術 (4ヶ月の治癒期間後、インプラント体埋入) 2次手術 (2ヶ月の治癒期間後、仮の土台を装着)、仮歯装着 土台(アバットメント)と最終的なかぶせ(クラウン)を装着

(3) その他のインプラント治療に必要な骨造成術

上顎洞底挙上術 (ソケットリフト ・サイナスリフト)

CTの術前シュミレーション(上顎洞底までの距離が少ない)、CTの術後評価(骨移植が成功し、インプラント体が骨内に納まっている) CTの術前シュミレーション(上顎洞底までの距離が少ない)、CTの術後評価(増大した骨)
  • 治療例
  • むし歯治療について
  • 歯周病治療について
  • マイクロスコープ精密根管治療について
  • インプラント治療について
  • 審美歯科治療について
  • セカンド・オピニオン外来について
  • web受付

予約・ご相談はこちら

TEL. 075-746-4617
診療時間
火曜・水曜
11:30~15:00
16:00~20:00
木曜・金曜・土曜
9:30~13:00
14:00~18:00
休診日
日曜・月曜・祝日

特設

根管治療についての
セカンドオピニオン外来

(マイクロスコープ根管治療のご相談)

  • カウンセリングのみ
    (現在の状態がわかるレントゲンやCTデータをご持参される場合)
    5,000円(30分)
  • 精密検査(CTなど)+診断
    +カウンセリング
    15,000円(60分)

※価格は全て税抜き表記

『根管治療を続けているが改善しない、抜歯が必要と言われた、根管内破折器具がある』などのお困りの症状を的確に審査し、保存治療の可能性や治療方針について、医学的根拠に基づき分かりやすくご提案させていただきます。