京都市中京区地下鉄丸太町駅すぐ!! 6番出口から徒歩2分 御所南しげおかデンタルオフィス > 歯周病治療

京都市中京区烏丸通二条上る
蒔絵屋町258コープ御所南ビル2F

お電話での予約・ご相談は 075-746-4617
ご挨拶

歯周病治療

歯周病は歯周病原菌の感染によって歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜けてしまう病気です。一般的には50~60代で歯の喪失原因の第1位になります。Silent Desease(沈黙の病気)と呼ばれ、症状がないままに病状が進行してしまう怖い病気でもあります。痛みや歯の揺れが出て気付く頃には重症になっていることが多いのです。
初期の症状に気づき適切な治療を行えば進行を止められる病気でもあります。痛みや日常的な支障がない段階であっても歯茎からの出血や腫れを放置せず、すぐに治療を開始し、メンテナンスにより進行を抑え、生涯自分の歯でおいしいものを食べられるようにしたいものです。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病の初期症状

歯周病の初期症状

健康な歯と歯周組織では歯根と歯茎、歯根と歯槽骨(周囲の顎骨)が付着しています。歯頸部(歯と歯茎の境目付近)に歯垢(プラーク)が沈着し、清掃不良で固い歯石になってしまうと、ご自身の歯ブラシなどで汚れを落とすことができなくなってしまいます。歯周病菌の繁殖によって歯肉の炎症が歯周ポケットの深部に及び歯肉と歯根の付着(バリア)が破壊され、炎症により歯を支えている骨まで吸収・破壊されてしまいます。

正常な歯周組織と歯周病

正常な歯周組織と歯周病

歯周病の進行を助長させてしまう因子

歯周病悪化には患者さんのお口の清掃不良だけでなく、図に示すような喫煙や糖尿病などの全身疾患、噛み合わせの問題、妊娠時期のホルモン異常など患者さんサイドの要因と、過去に受けられた治療結果の問題といった歯科医サイドの要因が隠れていることが多いです。治療には主たる原因の口腔清掃状態の改善はもちろんのこと、関連する助長因子も突き止めて改善することが大切です。

歯周病の進行を助長させる因子

歯周病の進行によって周囲の骨に凸凹ができてしまう!

歯の周囲では歯周病の進行に伴い骨が吸収し、正常組織でなだらかな歯槽骨に段差が生じます。骨の段差の著しいところは歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)も深くなり汚れが溜まってしまうため、歯周病菌がさらに繁殖し骨吸収してしまう悪循環を繰り返してしまうのです。

歯周病の進行で周囲の骨に凹凸ができてしまう 歯周ポケットが深い歯

歯周病治療の流れ

歯周病初期では骨吸収(破壊)はほとんど起こっていませんが、中等度〜重度の歯周病では骨の凸凹が大きくなり歯周ポケットが深くなってしまいます。深いポケットでは嫌気性菌(空気を嫌う菌)である歯周病原菌が繁殖し、周囲の骨や歯茎の組織破壊を引き起こします。将来的に歯周病が原因で抜歯になるリスクを抑えるためには ①原因除去(歯垢歯石といった細菌感染や助長因子)と、②歯周環境改善(再発しにくい歯茎の状態に改善すること)が大切です。
歯周病で中等度以上の骨の凸凹をみとめる場合は、深いポケット内の歯石を完全に取り除き、生理的で平坦な骨形態に整えるために多くの症例で歯周外科手術(骨の段差を削ってなだらかにする切除療法、深い骨の凹みに骨再生を促す再生療法)が必要になります。当院ではCT/レントゲンや歯周精密検査で精査させていただき、保存の見込みのある歯周病罹患歯には綿密な治療プランをご提案させていただきます。

状態別の治療例

①上奥歯に深い歯周ポケットがある(切除療法)

歯肉の厚みを最適にして炎症がなくなる

*歯肉の厚みを最適にすることで歯周ポケットが浅くなり炎症がなくなりました。

②下前歯に深い歯周ポケットがある(再生療法)

骨再生を促すEmdogainを適用し骨の段差を改善

*骨再生を促すEmdogain®を適応。大きな骨の段差が改善し、ポケットが浅くなりました。

③歯茎が痩せている(上皮下結合組織移植による歯茎の再生)

歯茎のやせている部分を歯茎移植で再生

*歯茎のやせている部分は知覚過敏やむし歯のリスクが高い。露出した歯根面を歯茎移植で被覆再生しました。

  • 治療例
  • むし歯治療について
  • 歯周病治療について
  • マイクロスコープ精密根管治療について
  • インプラント治療について
  • 審美歯科治療について
  • セカンド・オピニオン外来について
  • web受付

予約・ご相談はこちら

TEL. 075-746-4617
診療時間
火曜・水曜
11:30~15:00
16:00~20:00
木曜・金曜・土曜
9:30~13:00
14:00~18:00
休診日
日曜・月曜・祝日

特設

根管治療についての
セカンドオピニオン外来

(マイクロスコープ根管治療のご相談)

  • カウンセリングのみ
    (現在の状態がわかるレントゲンやCTデータをご持参される場合)
    5,000円(30分)
  • 精密検査(CTなど)+診断
    +カウンセリング
    15,000円(60分)

※価格は全て税抜き表記

『根管治療を続けているが改善しない、抜歯が必要と言われた、根管内破折器具がある』などのお困りの症状を的確に審査し、保存治療の可能性や治療方針について、医学的根拠に基づき分かりやすくご提案させていただきます。